Googleアドセンスの今後の変更点。(テキスト広告がなくなるとか)

スポンサーリンク
アフィリエイト・アドセンス

こんにちはハチです。

人によって誤差はあると思うのですが、今日付でGoogleから「Google AdSense の広告ユニットに対する重要な変更について」というメールが来た方は多いのではないでしょうか。

いろいろ気になったので、自分なりここは重要かなと思うところをまとめてみました。

広告サイズ

作成するすべての広告ユニットがデフォルトでレスポンシブ形式となります。
デフォルトの話なので、必要ならば従来通りサイズはカスタマイズできるようです。
サイズ変更はカスタムサイズのみが残り、「横長バナー」「縦長バナー」「長方形」は消えるかなどは、今のところ、不明です。

最近のサイトは、ほぼ間違いなくレスポンシブだと思うので、特に問題ない変更かと思います。

広告タイプ

2019年の早い段階で、テキスト専用やディスプレイ専用の広告ユニットを段階的に廃止され、ディスプレイ広告のみに変更されます。

テキストのみの広告ユニットをどうしても使いたい場合は、ネイティブ インフィード広告ユニットで、広告スタイルを[テキストのみ] を選択すればテキストのみの広告ユニットが作れるようです。

テキスト広告のスタイル

「テキスト広告とディスプレイ広告」の広告ユニットでテキスト広告のスタイルがサポート終了になり、既存の広告スタイルも今後数か月のうちにGoogleによって最適化が行われます。

テキスト広告がなくなるということで、リンク広告も使えなくなり、ここが一番大きなポイントかと思います。
ブロガー界隈では、目次の上に「リンク広告」を配置すると収益性が上がるといわれており、アドセンスで稼がれている方には一番影響が大きいのではないでしょうか。

「表示可能な広告がない場合」の対応がシンプルに

[表示可能な広告がない場合] オプションが削除されます。
アドセンスが表示されない場合に、他者の広告やアフィリエイト広告を表示して、収益を得ていた方には影響が大きそうです。

テスト

広告ユニットのテキストがなくなり、テストできる項目は「ブロックのコントロール」と「広告掲載率」の2つとなります。

同期コード

広告コードのタイプは、非同期のみになります。
ただどうしても必要な場合は、同期コードも生成できるようです。

SEO対策としてサイトの表示スピードを上げるのが一般的なので、特に同期コードが必要な場面はなく、特に問題なさそうな変更点です。

まとめ

やはり、リンク広告が使用できなくなるのが一番影響は大きいと思います。
私もご多分にもれず、目次の上にリンク広告を配置しているサイトがいくつかあります。

まだ、影響はでていませんが、今後数か月のうちに既存の広告スタイルの最適化が行われるそうなので、影響がではじめたらおってご報告いたします。
リンク広告を配置されている方は、今後のアドセンスの動向にご注意ください。